リニューアル講座内容 (接遇マナーインストラクター養成講座全課程終了)

講座は、講義と演習を組み合わせ、休憩を挟みながら、合計15時間の講座の中で従来の3日間コースを2日間開催に変更されます。(定員:10名/最少催行人数:3名)
接遇講師としての技術や関連知識を理解していただきます。新入社員研修からリーダー研修ができる専門家としてご自身の分野で活躍できる存在になることができます。 最終的に接遇マナーインストラクターとして講座を開催できるようになります。2日間の講座の中でお伝えするコンテンツの一部をご紹介します。

カリキュラム

1日目(10:00-19:00)
1. オリエンテーション
 ◎インストラクターの役割と心構え
2. 接遇マナー研修指導要領
 ◎指導テーマと内容の進め方及び時間の組立
3. ◎接遇マナー研修に必要なツール(持ち帰り用)
4. 接遇インストラクターに必要な教育技法
5. 質問の仕方、受け方
6. 課題:講義実習・レッスンプラン作成

2日目(10:00-18:00)
 レッスンプランをもとに参加者の講義実習(相互コメント/講師コメント)
1. 教育ゲームの活用法
 ◎教育ゲームの活用方法
2. 教育ゲーム実習
 ◎チームワークを育てるゲーム(体感)(持ち帰り用)
 ◎コミュニケーション力を高めるゲーム(体感)
(アサーション・ソーシャルスタイル・エゴブラム他コミュニケーションツール)使用法

受講料他かかる経費

《講座受講前までにお支払いいただくもの》
料金合計:150,000円(税別)
・受講料:128,000円
・会費:12,000円
・終了時認定料:10,000円

《その他、翌年度の活動よりかかる費用》任意加入
年会費:12,000円(税別)(毎年4月~翌年3月)入会金免除
※認定取得年度は受講月より次年度3月分のみの特典があります。

接遇マナーインストラクター養成講座全課程終了の詳細はコチラ

講師の感想(5月27日/接遇マナー上級インストラクター養成講座)

受講生は10名様までで締め切らせていただきましたが、ワークの実践とメンター指導書・ファシリテーション指導書・管理職ゲーム資料の提供 にすぐに使えると皆さん大変お喜びでした。

ビジネスマナー研修も必要ですが、それ以上に接遇研修の必要性を感じました。
これから3年以内に、「自ら考えることができる職員を育成していく」そして「早期退職者を無くす」ことを目的とした研修が主流になると考えております。

接遇マナー上級インストラクター養成講座の詳細はコチラ

臨床 老年看護(2015年7月8月号 日総研出版)

「特集3 ホスピタリティ・接遇力を高める!」の~いまさら聞けない!高齢者への接遇応対の基本~という記事を出稿しました。

セミナー 接遇インストラクターに必要な教育ゲーム手法

【開催】大阪(2月2日)、東京(2月15日)
教育ゲームは、講師としてのスキルUPや幅を広げていくためには必要な手法です。 管理職研修等で1番人気の教育ゲームの手法2つを公開しました。
講師はコンサルタント会社「株式会社クリエイション」の今村さんをお招きしました。
北は青森、南は福岡から多くの方に御参加いただきました。

セミナー教育ゲーム手法