TOP  » 認定資格講座  » 接遇マナーインストラクター養成講座  » 効き脳診断フェロー認定講座 BRAIN


効き脳診断フェロー認定講座 BRAIN

「効き脳診断フェロー認定講座」BRAINを活用した研修

自己理解・他者理解を深め、コミュニケーション活性化によって組織力を向上させる!

皆さんにも利き手、利き腕があるように、脳にも「利き」があります。この脳の「利き」部分が 『効き脳』です。 「効き脳診断BRAIN」は、他人との違いを極めて直感的かつ論理的に理解することができます。

他人との違いを正確に理解することによって、自らの行動や対応などを考えることが可能となり、他者とのコミュニケーションによるストレスが大幅に軽減されます。 お互いの効き脳スタイルを可視化し理解することで、業務の役割分担と効率、コミュニケーションの飛躍的向上が期待でき、組織力の向上が見込めます。

効き脳診断BRAINは、大脳生理学のハーマンモデル理論をベースとしています。
ハーマンモデルは、米ゼネラル・エレクトリック社(GE社)で社員教育責任者であったネッド・ハーマン(Ned Herrmann)が、脳に関する2つの理論からハーマンモデルを構築しました。

一つは、ロジャー・スペリー(カリフォルニア工科大学教授・ノーベル賞受賞)によって証明された、右脳・左脳は互いに独立しており、異なった働きをしているという「右脳・左脳モデル」、 もう一つは、ポール・マクリーン(アメリカ国立精神衛生研究所・脳進化と行動部門主任)によって明らかにされた、脳は進化の段階において3つの層からなり、 各々の働きが異なるという「三位一体型脳モデル」です。

ネッド・ハーマンはこの2つの理論を組み合わせ、1977年に「ホールブレインモデル」(全脳モデル)を構築しました。そして、大脳新皮質側の左脳を「A」、辺縁系側の左脳を「B」、 辺縁系側の右脳を「C」、大脳新皮質側の右脳を「D」と名づけ、それぞれに青(A)、緑(B)、赤(C)、黄色(D)の色を割り当て、脳の4象限モデル、 すなわち「ハーマンモデル」を構築したのです。 ハーマンモデルは現在までに、世界各国で200万人以上の利用実績があります。

ハーマンモデル

マーケティングご担当、研修講師の皆様

研修、人事、離職防止などを目的とした「自社スタッフへの導入」のほか、「マーケティングツール」としてのご利用や、講師の皆様がご自身の研修・セミナーに取り入れて活用いただくことも可能です。 当社の診断エンジン(解析・分析システム)を、パートナー企業様のサービスにOEM供給(エンジン提供)し、マーケティングツールとしてなど幅広く活用いただけます。
結果シートのカスタマイズや、設問をオリジナル設計するケースもあります。 講師・ファシリテーターの皆様は「フェロー制度」に登録いただくことで、ご自身の研修・セミナーに「効き脳診断」を取り入れ、手軽に質と幅を向上いただけます。

効き脳診断活用事例

営業担当のあなたへ
参加者には事前に効き脳診断を受けてもらい、タイプ別に4坪グループに分かれてもらいます。各グループで「セールス担当役」「お客様役」を決めてロールプレイングを実施します。
特に条件は決めず、「セールス担当」はいつも通りの商談を、「お客様役」は「一人のお客様」として質問を投げかけ、各グループの商談の様子を比較します。その結果、面白い特徴が現れました。

Aタイプのお客様に評価されたAタイプのセールス担当者の
 「具体的な数値による分析」
 「根拠づけられた論理的な説明」が

対角のCタイプのお客様には
 「理論攻め、真面目な話ばかりでストレスを感じた」
 「具体的な数字を把握していたのは良いが、くどい」
と、「NGアクション」として受け取られ

逆に、Cタイプのお客様に評価されたCタイプのセールス担当者の
 「世間話や雑談(=親近感が持てたので素直に話を聞けた)」が、
対角のAタイプのお客様には
 「世間話は無用」
 「雑談で疲れてしまった」
と、「NGアクション」として受け取られたのでした。

自分の利き脳に基づいて、得意とする営業スタイルを無意識のまま行っていたのでは、必ずしもお客様からの評価を得られず、それどころか相手のタイプによっては完全に マイナスの印象を与えてしまうということが、短時間の演習を通じて明らかになったのでした。

自分の苦手な象限を「意識化」し、相手の【利き脳】のタイプに応じたアプローチを図ったことで、営業の成果を上げた事例や提案書を変えたら契約が取れたケースもあります。

接客担当のあなたへ
接客・販売の現場に置いて、苦手な象限を「意識化」することで、仕事の成果を上げた例です。

これまでに「利き脳診断」を導入しているショップの統計では、ショップスタッフの利き脳で最も多いのはCタイプということがわかっています。

Cタイプですから、親しみやすい接客がその特徴の良い面ですが、一方で
 「理路整然と簡潔で明瞭に話す」「数値、統計、データーを参照する」
といった面が苦手な傾向があります。お客様が同じCタイプであればそれでも良いのですが、例えば対角のAタイプを相手にする場合、 Cタイプの無意識のままで接客はマイナスの印象を与えることになります。

接客の改善が経営的にはどのような効果を得られるでしょうか。

ひとつは「CS(顧客満足度)」の向上です。
もうひとつは「売上増」です。売上につながる「機会が増える」ということです。

ある研修では、自分の接客を見直してもらうことによって、接客時間が短縮できまたCSレベルも上がってきました。

 

職場でコミュニケーションを改善したいあなたへ
Cタイプの特徴を確認しながら、どうすればフロア・マネージャー(お客様案内係)とのコミュニケーションが改善できるかを、スタッフのみなさんに考えてもらいました。

《従来》
・カウンターが忙しくなり、フロア・マネージャー(お客様案内係)にヘルプをお願いする際、ただ単に「ヘルプお願いします」と声をかけ依頼していた。

《改善案》
・ヘルプをお願いする際は、「○○さん、ヘルプをお願いできますか?」と声をかけて依頼する。

この違いはなんでしょうか。
Cタイプのフロア・マネージャーは「感覚・友好脳」ですから、「自分よりも相手を優先して期待に沿うことを優先」します。
Cタイプは「指示」に近い言い方をされるのではなく、「○○さん」とまず名前で呼ばれ、更に「ヘルプお願いできますか?」と依頼系で言われると「彼女の手伝いをしてあげよう」という気持ちが強く働くのです。

またある美容室では、導入後社員の言動にはれものに触るように気を遣い、注意できなかったのがきちんとでき、社員に意識が前向きになり、自身が持てるようになった。

部下指導で惑っている方へ
上司になって部下を持つと、最初はマネジメントに戸惑うものです。
部下ときちんと対峙することは大切ですが、うまくいかないからといって思い悩む必要はありません。「効き脳」を活用して視点を変えていき「最初の戸惑い」を解消しましょう。

美容室の例です。「スタイリスト」としての頭角を表していくのはまずDの要素が必要です。
しかし、それは行き詰まってしまい、更に飛躍するにはアシスタントや仲間とのチームワークが求められるためCの要素が必要です。 そこで認められれば店長になれますが、その時はDとC、つまり右脳タイプである可能性が高いのです。

しかし、店長業務はAやBの要素が多く、左脳の要素が求められます。ですから、昇格した店長は最初戸惑うのです。

だからこそ「効き脳」診断を使って、きちんと理解、納得し、その後の店長としての成長に役立てていくのです。

「戸惑って当たり前」と思えば気が楽になりませんか。

接遇マナーインストラクター養成講座

医療福祉接遇インストラクター養成講座